バガン・イベントカレンダー 2018

2018年1月1日~1月14日

アーナンダパゴダ祭り

アーナンダパゴダ祭りは、バガンで最も大きなお祭りの一つです。祈りを捧げること、仏像を維持するための基金を集めることが祭の大きな目的ですが、パゴダの周りに設置されるテントでは、露店が賑わい、若い雄牛の牛車に乗った村人たちが、祭りを盛り上げます。

2018年1月31日

フネェピッタンパゴダ祭り

フネェピッタンパゴダ祭りは、ニャウンウーで開かれる村人による小さなお祭りです。地元の名産品の販売準備や、みんなで取り分けられるピーナッツや生姜、玉ねぎなどを加えた米料理「タマネ」の準備が特徴的です。繁栄を祈って、伝統芸能家たちが招待され、ダンスやオペラ、劇などのステージを披露します。

2018年4月13日~4月16日

水祭り

ミャンマーの新年を迎える前に人々は、1年を無事に過ごしたことを祝い、過去の過ちを洗い流すためにお互いに水をかけ合います。そして魂が生まれ変わることを祈り、モンスーンが豊作をもたらすことを祈ります。

2018年4月17日

ミャンマー新年

水祭りは最終日の16日にクライマックスを迎え、翌日17日には月暦のミャンマー元日を迎え、新しい1年が始まります。

2018年4月29日

カソン満月祭

昔、お釈迦様が菩提樹の下で悟りを開いたとの伝説があることから、乾ききった菩提樹の木に感謝の意を込めて水をかけるお祭りです。

2018年7月26日~7月27日

シンビンサージョーパゴダ祭り(サレー)

シンビンサージョーパゴダは、描かれた当時のままの壁画が損傷の無い状態で保存されていることで有名です。このパゴダで開かれる年に一度のお祭りには、近隣の村人だけではなく、はるばる遠方の村からも人々が訪れます。また、近くにある手彫りの彫刻が見事なヨーソンチャウン僧院にも多くの仏教徒が参拝に訪れます。

2018年7月27日

ワソ満月祭

ワソ満月祭りは、仏教の四旬節の始まりに合わせて行われ、多くの僧侶や貧しい人々に施しが与えられます。

2018年8月18日~8月19日

ローカーナンダーパゴダ祭り

ローカーナンダー パゴダは当リゾートより車で10分のところにあります。

2018年8月25日~8月26日

ミャッ・ゼディパゴダ祭り

ミャッ・ゼディパゴダ祭は当リゾートから車で5分ほどの所にあるミィンカパー村で行われます。

2018年9月23日〜9月24日

マヌーハパゴダ祭り

マヌーハパゴダ祭りは当リゾートから車で5分ほどの所にあるミィンカパー村で行われます。多くの露店が並び日本の夏祭りに似ています。

2018年10月24日

ダディンチュ満月祭(灯明祭)

ダディンチュ満月祭(灯明祭)は、仏教の四旬節の終わりを祝うもので、期間中パゴダには数百のキャンドルのイルミネーションが施されます。写真はホテル敷地内にあるパゴダです。

2018年11月21日~11月26日

シュエズィーゴンパゴダ祭り

パゴダに納められている仏陀の遺物を参詣しに近隣からも遠方からも巡礼者や村人が集まり、シュエズィーゴンパゴダはこの時期にぎやかな市場のようになります。

2018年11月22日

タザウンダイン満月祭

タザウンダイン満月祭では、僧侶のまとう袈裟を作る男性、女性のチーム対抗織物コンペティションが開かれます。大会の最後に優勝者が発表され、袈裟が僧侶に寄贈されます。

2018年12月22日~12月23日

アロピパゴダ祭り

願い事を叶えるパゴダとして有名なアロピパゴダでは、12月の満月の日に祭りが開催されます。

2018年12月31日

大晦日・新年のお祝い

正確には、ミャンマーの人々はティンジャン(4月半ばの月暦の元旦)を新年と考えていますが、1月1日も慎まやかに祝います。